※この漫画はフィクションです。
現実の植物工場や野菜栽培とは矛盾する点がありますが、漫画なのでご容赦ください。


◇前回までのあらすじー◇

 さかのぼること、半年前ー
 黒猫から組織されるブラック連合は、広報くろぼんに吹きこまれた代表クローの命令により、子猿☆ももものもんちーを捕らえた。そして、クローによる“言いがかり”としかいえない裁判の結果、もんちーは無期懲役となり、地下の一室に閉じ込められてしまう・・・続きを読む


m63_1





m63_2





m63_3





m63_4




“ハイテクな植物工場なのだ”


平猫たちは白い作業服に身をまとっていますが、衛生管理の徹底した植物工場で働いているためのようです。農業というと「土まみれ」というイメージがありますが、植物工場では水や光、空調、養液等が管理され、清潔な環境で野菜が栽培されています。

こうした植物工場で作られた野菜は、現実にスーパー等で販売されています。よく見かけるものとしては、リーフレタス等の葉物野菜。徹底した衛生管理の元で作られる野菜は「洗わなくても食べられる」ものもあるほどの清潔さだそうです。

さて、もんちーもこの清潔な第2地下畑で働くことになるのでしょうか??

次号に続く!

point



↓ 柄マスクに着せ替えてみました。

m63_3_p


近年はマスクをつける人が多くなりましたね。
インフルエンザや花粉症の季節以外でも
「とりあえず変なバイキンもらわないように!」と
日常的にマスクを愛用している人も増えています。


毎日「白」では飽きるので、カラーマスクや柄マスクをつける方も。
もはやファッションアイテムといえるかもしれません。