◇前回までのあらすじー◇

 さかのぼること、半年前ー
 黒猫から組織されるブラック連合は、
広報くろぼんに吹きこまれた代表クローの命令により
子猿☆ももものもんちーを捕らえた。

野菜の地下栽培事業を展開するブラック連合。
代表クローは世界を牛耳っているという妄想の下、もんちー裁判を始めた。それはもんちーの異議申し立ては認められぬ一方的な裁判だった。言いがかりとしか思えない容疑の数々を挙げられ、おとなしくはしていられないもんちー。クローはもんちーの生意気な態度に激怒し、「無期懲役」を言い渡した。平猫たちはもんちーに黒いジャージを着せ、顔を黒塗りに・・・・
一方で、クローの側近であるくろぼんとウパコは街頭に立ち、今日もハートフル野菜の普及につとめる。ブラック連合ビルの地下施設には3つの野菜畑があり、光ファイバーによる太陽光栽培を導入していると誇らしく語るクローであった。
そんなブラック連合のハートフル野菜は新聞でも取り上げられ、話題となっているようだ。


m59_1





m59_2





m59_3





m59_4

“東京の地下では黒猫が野菜を作っている?!”


と、国籍不明の外国人Hage.Chobinさんがステキな妄想をしているようです。日本の国土は狭いので、地下を有効活用し、かつ、暇をもてあましている猫ちゃんたちにせっせと野菜を作ってもらう、それは
名案にちがいありません!
しかし、クローやくろぼんはどう見ても悪だくみを企んでいるようです。ハートフル野菜の実態はいかに?!

次号に続く!

point


国籍不明の外国人Hage.Chobinさん
ヘーゲ・チョービンと読みます。
ハゲてはいますが、はげちゃびんと読まないように。

今回は頭にステキなイエローのキャップを被ってます。
(*ˊᵕˋ*)

m59_3_p

懐かしい第12話ではもんちーが頭にとまっています。
第12話『イノセント』こちらからどうぞ!

12_4_p_copy


※この漫画はフィクションです。現実の植物工場や野菜栽培とは矛盾する点がありますが、漫画なのでご容赦ください。